ヒュッテナナナ

所在地 福井市
用途 事務所
構造設計 和田譜生構造設計事務所
施工 山﨑建設㈱ 三村氏
構造・工法 在来木造
階数 1階
延床面積
設計期間 2013~2016.2
工事期間 2016.4~8
模型製作 柴田叔之
撮影 明直樹
掲載
受賞

この建築は、Web制作会社である㈱デザイン・インプルーブメントの社屋。
敷地は、施主である吉村氏が思い入れをもつ土地。10x60mという大きさで両端部が道路という特異な形状をしています。

ここでは、社業であるインターネットの世界がコーディングによって生成されるように、建築において『コード』となりうるもの。意匠と構造が同時に成立し、ディテールさえも自動生成されるようなものを見つけだそうとしました。考えだしたのは、両端の片ブレースにより耐震壁と片持構造をつくりだし、特殊な接合金物(ホームコネクター)で剛接化した棟部によって成立したフレームを、「要素を持たない」2275mmのFIXガラスと、「要素を集めた」1365mmの両ブレース+開き戸による繰返しのピッチで刻むこと。そして、再生可能な素材(木・鉄・ガラス)で構成。産業廃棄物となる材料(コンクリート)を極端に減らし、空間をつくる付加的材料(石膏ボード)を使わないことが、インターネットの世界におけるプログラムバグを発生させないことと通じているのかも知れません。

結果、このコードによって、この地に出現した建築は、
多大な魅力をみせ、施主の人生に豊かな彩りを与えはじめています。















« prev    index