某地域コミュニティセンター

所在地 福井県
用途 コミュニティセンター
施工
構造・工法 木造
階数 1階
延床面積
設計期間 2013年
工事期間
撮影

高度成長期に分譲された住宅団地。老朽化した現施設の建替を行うことになりました。
ここで求められたのは、防災拠点としての機能。そして、地域の活性化を推進する為の機能。
当事務所が提案したのは様々な「まちの活動」が地域に伝播すること。全ての機能を1階に集め、施設での「まちの活動」が積極的に外部から見えるようにしました。そして、外部のスロープやデッキテラスは常に開放されています。
この施設が地域住民の気軽な立寄り場となり、盛んな活動が行われ、地域住民が主体的に「まちの活動」に参加し、持続性のある地域として機能していくことをハード面・ソフト面から提案しました。

残念ながら次点。

dsc_0525_R.jpg

« prev   next » index