三十八社S邸

所在地 鯖江市
用途 住宅
構造設計 山崎亨構造設計事務所
施工 松谷建築
構造・工法 木造・在来工法
階数 2階
延床面積 150.86m2
設計期間 2003年10月〜2004年7月
工事期間 2004年9月〜2005年3月
撮影 森秀則(夜景以外)

日本全国の郊外でよく見かける、田園の中の新興住宅団地。
目の前に広がる田園と、その中を行き来する福鉄がこの家から見える特異な景色です。その景色を日常の生活において、いつも享受できるように、外部との繋がりと内部の連続性を意識しました。
古い集落も近辺にあり、田園風景に馴染む外観とする為、垂木の見える深い庇と懐かしい表情をかもし出す素材である波板の鋼板を外壁に用いました。


« prev   next » index