ウルシバラハウス

所在地 福井市
用途 住宅
構造設計 和田譜生構造設計事務所
施工 ㈱深谷 担当:辻本氏
構造・工法 在来木造
階数 2階
延床面積
設計期間 2011年2月〜2012年5月
工事期間 2012年6月~2013年2月
模型製作 久永雅幸
撮影 明 直樹
掲載 住まいの設備2015夏 企業広告
受賞

大規模な区画整理を行っている福井市森田地区。
もとは田園が広がっていた場所での再開発。将来的な街の姿が見え難い中、将来像として確保されているのは南東方向の大きめな公園(現在は用水路の地中化の為の工事建屋)と、南側道路を挟んだ位置にできる用水路沿いの並木道だけでした。
敷地は比較的交通量の多い道路が南にある角地。1階レベルでは視線を制御し、2階レベルでは公園方向へ視線が抜けるように外周の壁の高さを設定。そして、その眺望を活かすためにリビングを2階に設け、中庭に守られたダイニング・キッチンを1階とし、階段を絡めた吹抜でつながりを持つ立体的なパブリックスペースとしています。
また、70坪弱の敷地内に2台の駐車場を確保しながら、中庭を設けることにより、南北方向の通風とプライバシーの確保。その中庭への軒先を薄くすることで、中庭から見上げた空の深さを感じることができます。
※板硝子協会エコガラスwebサイトに掲載















« prev   next » index