2/3ハウス

所在地 福井県
用途 2世帯住宅
熱環境アドバイザー 影長設備計画
施工
構造・工法 在来木造
階数 3階
延床面積
設計期間 2010年5月〜2009年8月
工事期間
模型製作 松下(福井大学)
撮影

施主から提示された要望。
「サスティナブル(永続的)な建築」
「アクティブ・パッシブな温熱環境への建築的解答」

解答として打ちだしたコンセプト。
・2世帯型3階建住宅に対して、世代間の交流を程よく実現し、
 垂直動線がスムーズなものとなるような仕掛け。
・そして、立体的な縁側(日本の伝統的な建築的環境装置)で居室を
 挟むことによる 温熱環境への積極的な建築的提案。
・標準的なスパン・サイズによる在来木造=低コストの実現。
・床の高低差をつけた立体的な空間の展開とボリュームのコンパクト化=低コスト。

« prev   next » index