blog

プロジェクト > アンビルド > T邸

まぼろしのT邸

2010年9月17日

春より様々なスタディをしてきたT邸。

要望である

「サスティナブル(永続的)な建築」
「アクティブ・パッシブな温熱環境への建築的解答」

に答えるべく日夜、検討してきて、
ようやく見つかった素敵なコンセプト。

・2世帯型3階建住宅に対して、世代間の交流を程よく実現し、
 垂直動線がスムーズなものとなるような仕掛け。
・そして、立体的な縁側(日本の伝統的な建築的環境装置)による
 積極的な温熱環境への建築的提案。
・標準的なスパン・サイズによる在来木造=低コストの実現。
・床の高低差をつけた立体的な空間の展開とボリュームのコンパクト化=低コスト。

R0012638.JPG

R0012666.JPG

R0012699.JPG

そんなコトが実現できた住宅だったのですが、
諸事情により"オクラいり"。

興味のある方は是非、御連絡ください。

若いチカラ

2010年6月 5日 | コメント(2)

最近の当事務所では若いチカラが頑張っています。

R0012211.JPG

スタッフの久永君(写真右)。
彼は大学3年生の頃から模型やパースの手伝いをしているから、今年で4年目になる。
模型やパースなど仕事が早い。現在、某プロジェクトの担当をしている。

そして、最近、オープンデスクで来ている大学院1年の福田君(写真中)。
彼は東京の方にもオープンデスクに行ったりしているので、模型がキレイで早い。
現在、某プロジェクトの模型を製作。

同じくオープンデスクの大学4年生の岩本君(写真左)。
模型のスピードはマダマダだけど、集中して取組んでいる。彼はT邸の模型を制作。

自分より一回り以上下の彼らがいると、事務所も活気づいて良い雰囲気。
彼らのチカラを借りながら、当事務所もドンドン前に進んでいきたいです。