ふくい建築賞 

2014年11月17日

「林の中に住む。」が第1回ふくい建築賞の住宅部門で最優秀賞を頂きました。

1年後のRYU_R.jpg

この「ふくい建築賞」、今まで福井県には建築を評価する賞がありませんでしたが、数年前より、福井県建築士会 福井県建築士事務所協会 日本建築家協会北陸支部福井地域会の3会が一丸となり準備を始め、各関係者の御尽力により、今年初めて実現しました。

今まで受賞した他の賞よりも規模も小さく、もちろん歴史もないのですが、福井の建築文化の為に創設されたこの賞の意義は、福井で住み、活動している身として深く心に刻まれます。


以下、ふくい建築賞の趣旨です。

建築は文化です。時と風雪に耐えて永く残るすぐれた建築は、人々の活動とくらしを豊かにし、その風景は郷土愛を育みながら未来に繋がっていくものです。そこで魅力ある福井の建築文化に貢献し、その技術の進歩と継承に寄与する人材育成を目的に、県内の優れた建築作品を「ふくい建築賞」として顕彰します。また、その審査プロセスを公開することにより、多くの県民と共に「優れた建築とは何か」について考え、未来の郷土づくりに向けて歩んで行きたいと思います。


これからの福井の建築文化をつくる重要な一翼となる「ふくい建築賞」。その第1回最優秀賞に選んでいただき、本当にうれしいです。改めて、身を引き締めていきます。
受賞スピーチでは、次のような話をさせて頂きました。


「これからの日本の社会構造は今までとは大きく異なります。
 建築をとりまく環境、建築のあり方自身も変化しつつあります。
 これからの福井をつくる・社会をつくる・未来をつくる。
 そんな建築を皆様と一緒につくりたいです。」


さあ、今日からもまた頑張りますよ!

« prev   next » index