2月24日(金)は山口工芸(ハコア)のデザイナー・取締役の梅本氏の送別会。

梅本氏はHacoaがまだ生まれていない時に山口工芸に入社し、
市橋社長と二人で、その中心になりブランドを育てていった。

自分が初めて山口工芸さんを訪れたのは全国的に名が少しづつ知られ始めていた時で、
会長御夫婦・社長御夫婦+数人のまだ少ない人数ではあったけど、
これから先、大きく膨らんでいく熱気みたいなものを感じていました。

その熱気をつくり出していた中心人物のうちの一人、梅本氏がこの度、
御自身のブランド『スタジオ キイ』を
郷里の和歌山県で立ち上げるために山口工芸を退社することに...。

これからの御活躍を楽しみにしております。

RIMG2506_R.JPG

3月2日の朝、自宅を出て、
メラハウスの定例の為、鷹巣へ。
クロスの選定や、キッチンの納まりの打合せをする。

そして越前海岸を南下して、11時半頃にマーレでコーヒーとハニートースト。
短い時間しかいなかったけど、大変、贅沢な時間を過ごす。

ついつい寄り道をして、海岸通りから1本山沿いの道へ。
こんなトコロがあるんだと、嬉々として細い方へ、山の方へと...。

R0011609.JPG

R0011613.JPG

R0011614.JPG

そして、13時30分頃に武生の某プロジェクトの現場へ。
スタッフの久永君と諸々を確認。
更に、書類の確認の為、丹南土木事務所と消防署へ。

R0011623.JPG

その後、メラハウスの手摺の参考のために、
15時30分頃にサンウッドの大西さんと河和田の山口工芸(ハコア)へ。

ハコア内部のセレクトショップで話をしているのは、
山口工芸の梅本さんと、サンウッドの大西さん。

R0011630.JPG

事務所に着いたのは17時30分。今日はグルッと移動した日。

※3月2日の福井新聞に山口工芸の記事(社屋の写真入り)。 なんか嬉しいです。

ハコア20090812

2009年8月13日

某プロジェクトのために今立へ。

帰りに河和田に寄って、ハコアの市橋さんと天領そばへ...。
某プロジェクトの為のアドバイスを色々と頂く。

その後、しばらくハコアで新商品の話などをしていたら、
盆休みに入っていたにも関わらず、ショップに何組かの来客があり、
急遽、市橋さんと奥様とで開店となりました。

R0010649.JPG

R0010653.JPG

ここでもグリーンネット。

ふらっとハコアへ

2009年5月16日

金曜日は武生で某プロジェクトの打合せ。

ランポーネで食事をしようということで向かったけど、道に迷う。
目立つ看板があるということで探したところ、街路樹に隠れた「ラ・・・・」という赤い看板。
これだと思って向かったら「ラーメン」...。
なんとか辿り着きランチを頂く。おいしかったです。
他の客は女性のグループばっかりだった。

そして、某プロジェクトの打合せ後、帰り道をそれて、河和田へ...。
久しぶりのハコア。市橋さんや梅本さんと色々な話ができました。

帰り道は、6月に植樹祭の行われる朝倉氏遺跡を通る。大学の先輩である設計事務所プラドの辻岡さんが設計した「お野立所」が完成しており、静謐な佇まいだった。

R0010225.JPG スギナと格闘する社長 市橋さん。

R0010223.JPG デザイナーの梅本さん。

R0010214.JPG

R0010219.JPG 「 ロブジェ 」 セレクトショップの事業部

R0010220.JPG この空間を使って...、

R0010217.JPG 楽しいプロジェクトを計画中とのこと。 

R0010218.JPG 2階作業場

R0010222.JPG
近いうちにハセガワヒロシさんに撮影してもらいます。

リアル・ジャパン

2009年1月 7日

nitijyou20080106.JPG

昨年、竣工した山口工芸(ハコア)の市橋さんから連絡を頂き、AOSSA8Fで開催中のリアル・ジャパンの展示会へ。前回開催に続き2回目。

村松文彦氏の作品は前回と同様、かなりのインパクトがある。花と花器が各々の艶やかさを増幅させ、一体となり、高貴で妖艶な存在となっている。

また、下村漆器店の下村社長に説明して頂いた、鯖江の沈金師 窪田嘉晴氏の作品も凄かった。非常に抑えた構図ながら、常人ではない技術によって製作された酒器一式は、小さな漆器なのに日本刀のような凄味があった。こんな器で酒を飲むと織田信長の気分になりそう...。

そして、ここに展示されている木地の多くを製作したのが、山口工芸の山口会長(伝統工芸士)と市橋社長。ハコアというブランドには確かな技術によるバックボーンがあるのを再確認。
漆器は何人もの専門の職人が携わるのが面白い。陶芸と違い、署名性をあまり感じない。建築においても署名性を極力感じないモノをつくっていきたいと思う。

はっきり言って、こんなのナカナカ見ることができません。
9日金曜日まで開催しているので、是非。

hacoaオープン

2008年12月13日

hacoa20081212-1.JPG

昨日12日にレセプションがありました。
今回は、山口工芸さんが日頃お世話になっている方を対象とした、お披露目会です。

食事は鯖江の片田舎らしく、里芋や蕎麦、ごぼうを使った料理、そして、ダンダダさんのカレーをおいしく頂く。コジャレたものではなく、手作りの身近な料理でよかったです。このようなオモテナシや来客の方達を見ていて、社長の市橋さんがよく言っていた「河和田あっての山口工芸」を実感。

hacoa20081212-2.JPG

この社屋では、セレクトショップとして山口工芸の商品だけでなく、他のファクトリーの商品も扱っています。山口工芸さんの商品としては、このキーボードが一番有名ですね。

夜は、d-improvementの吉村さん、真空ラボの出村さん、M設計室の前田さんとラポーゼかわだへ。これで3週連続で週末に温泉宿に宿泊。あとは、忘年会3~4回と、新春の温泉宿2回で年末年始のイベントは終わりかな...。

あさ、車をとりに山口工芸に行くと、みなさん出社して掃除をしていました。大事に使って頂き、設計者として大変嬉しいです。

ハコアopen近し

2008年12月10日

hacoa1210.JPG

山口工芸さんのショップ・ギャラリー部分のセッティングが進んでいます。
什器のデザイン・レイアウトは、当事務所はアドバイス程度のみで、山口工芸さんの方で検討・設計・施工されました。

ハコア

2008年11月22日

hacoa20081122.jpg

漆器のメッカ、河和田にある(有)山口工芸さん。従来の木地屋さんの枠をこえて、新商品をデザイン・作成したり、新しい領域の仕事をされています。社長の市橋さんにネットで見つけて頂き、声をかけて頂いたのが去年6月。ついに完成です。
重要なコンセプトである南面ルーバー 兼 陳列棚は施主工事であった為、忙しい)山口工芸さんとしては、製作が後回しということになってしまいました。春くらいに付くと良いんですが...。
現在、すでに稼動中ですが、セレクトショップは12月中旬にオープンです。

今日、寄ったら建具屋さんだけが仕事をしてました。街は3連休モードですね。