3年前に完成したミサキハウスが、
新建築住宅特集 8月号に掲載されています。

施主である北様。
施工者のカズクリエイトオフィス、一力様や各職方様。
構造事務所の藤尾様、山中様。
オフィスコラボの山﨑様。
皆様と一緒にプロジェクトに取組めたことに、
深く感謝致しております。

同誌には、2012年12月号に「林の中に住む。」も掲載されていますが、
このようなメディアに取上げて頂くことは、
建築に対する姿勢を評価して頂いたものだと思っています。

新建築社 住宅特集編集部様、
ありがとうございます。

JT00019471_cover.jpg


今日は、某雑誌編集者とミサキハウスへ。

変化に富んだ天井面に、北陸らしい曇天の空が見えてました。
また、この季節がきましたね。

DSC_0886修正_R.JPG

ミサキハウスへ

2013年7月19日

施工のカズクリエイトさんと昨年竣工したミサキハウスへ。

外部吹抜けにある切取られた空は、
まるで室内に大きなトップライトがあるような感覚。
奥様も「ココから見える空がキレイ」とのことでお気に入りだそうです。

施主の日々の暮らしの中で、
この家ならではの「気づき」や「お気に入り」があることって大事だなと。
設計者として大変うれしい言葉でした。

IMAG0872_R.jpg

今回は、施工したカズクリエイトオフィスさんが撮影をいつも依頼している明直樹氏。

photo002_R.jpg

photo005_R.jpg

photo011_R.jpg

photo019_R.jpg

photo022_R.jpg

photo024_R.jpg

photo026_R.jpg

photo028_R.jpg

photo029_R.jpg

photo031_R.jpg

photo033_R.jpg

photo038_R.jpg

photo039_R.jpg

photo041_R.jpg

photo044_R.jpg

photo046_R.jpg

昨日は無事にオープンハウスを終えることができました。
関係者の皆様、来場の皆様、ありがとうございました。

とりあえず、私が撮影した写真です。
RIMG2774_R.JPG

RIMG2781_R.JPG

RIMG2790_R.JPG

RIMG2791_R.JPG

RIMG2770_R.JPG

RIMG2792_R.JPG

RIMG2796_R.JPG

RIMG2804_R.JPG

RIMG2803_R.JPG

RIMG2802_R.JPG

※写真中の家具はDaidaiさん製作。お借りしました。

※5月2日にfffの会を支援している「ひとりじゃないよプロジェクト・福井」の口座に、
 施主の北 誠一郎さん名義で義援金67,400円を振込みました。
 参加して頂いた皆様、御協力頂いた皆様、ありがとうございました。

ミサキオープン1.jpg

この度、施主である北様の御厚意により、
オープンハウスを開催いたしますので御案内申し上げます。

海に近く、比較的古い住宅団地内にある敷地は南・北・東に隣家がせまっています。
安定的な光を得るために2つの外部吹抜けを対角上に設け、眺望が期待できる2階西方向を大きな開口とすることで、気持ちの良い空間を実現。1階は自営業の施主のための小さなオフィスと寝室・子供室が、コンパクトながらも分散して配すことでプライバシーを確保。また、建物のボリュームを工夫し、3台の車を駐車可能としています。

北邸120404.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

今回のオープンハウスは500円/人(※大人のみ)の有料制とさせて頂きます。
ここで集まったお金は施主の北様を代表者として、東日本大震災の為に福井県に避難されている福島県の方々による「fff(福島・福井・復興)の会」にお渡しし、会の運営費に使っていただく予定です。

また、以下の各社もオープンハウスに来て頂いた人数に応じて(@○○○円x人)募金を致します。
●ミサキハウスの関係業者
・カズクリエイトオフィス(施工請負) 
・坂下電気(電気工事) 
・オフィスコラボ(コーディネート) 
・丸山晴之建築事務所(設計・監理) 
●賛同者
・DEMU建築設計事務所(アノハウス) 
・友高室内装飾(アノハウス) 

日  時  : 2012年4月15日(日)10:00-16:00
場  所  : 石川県加賀市美岬町
用  途  : 住宅
構造規模 : 木造在来工法。地上2階建
施  工  : カズクリエイトオフィス/一力 誠
構造設計 : 藤尾建築構造設計事務所/藤尾 篤・山中 有美子
設計監理 : 丸山晴之建築事務所/丸山 晴之・久永 雅幸

だいぶ、出来上がってきたミサキハウス。
ブルーシートが取れるのが待ち遠しいのですが、
まだ全貌は見えていません。
来週には足場も外れてガラスも入ります。

そこで、4月中旬にオープンハウス(内覧会)を行う予定です。
ただし、今回、ある試みの為に有料制(おそらく500円/人)にしようと考えております。
企画が固まり次第、改めて報告いたします。

RIMG2582_R220.JPG

RIMG2584_R220.JPG

RIMG2592_R220.JPG

RIMG2570_R220.JPG

RIMG2579_R220.JPG

RIMG2569_R220.JPG

ミサキハウス 

2012年2月28日

大工工事があと少しでUPです。

RIMG2545_R.JPG

外部吹抜け廻りの可動部はYKKのエイピアJ。
FIX部はアルミ型材を使用して製作します。

RIMG2541_R.JPG

ミサキハウスは現在、枠廻りなどの造作工事。
大工さんが非常に難儀な仕事に果敢に取組んでいます。

難しい仕事ほど設計側も施工側も協力して、
ひとつのチームとして機能しないと前に進みません。

RIMG2439_R.JPG

RIMG2442_R.JPG

RIMG2443_R.JPG

1月14日は屋島ハウスの現場へ。

1月15日はミサキハウス。
この日は、電気工事絡みや仕上げの色を打ち合わせ。

海に若干近いので外壁と屋根はニスクフロン(フッ素樹脂塗装のガルバリウム鋼板)。
雨で外壁が洗われるよう、あえて軒を出していません。
その為、外周廻りは雨が入り込まないように突出し窓を採用。
RIMG2427_R.JPG

その為、ボリュームの中に外部を内包して、
軒があるところに引き違い窓を設置。
RIMG2426_R.JPG

そして、2階のLDK廻りの対角上に外部吹抜けを設けています。
RIMG2421_R.JPG

敷地の唯一開けている方向は西面。そこに軒をつくり低く抑えた開口部を設置。
RIMG2420_R.JPG

ミサキハウスは2階に浴室を設けています。
いつものとおり,ユニットバスではなく在来工法による浴室。
梁や垂木を詳細に検討し、極力、階高や階下の天井懐に影響が及ばないようにしています。
そして、この後の工事はパーフェクトバリア(断熱材)を入れて、
ダイライトを貼った上にリボールマイティによる防水。仕上げはタイルです。
RIMG2417_R.JPG

さあ、新しい1年が始まりました。

本日は去年から続いているプロジェクト・ミサキハウスの現場へ。
外部はほぼ閉じられ、だいぶ内部空間の様相をつかめるようになっています。

写真は1階エントランスからの水平方向と垂直方向の抜け。
RIMG2404_R.JPG

RIMG2405_R.JPG

ミサキハウス 建方

2011年12月13日

基礎の施工からしばらく間があいたけど、
無事(かなり難しかったが)に建方も終わり(を迎えつつ)、
アラワシとなる屋根部分もほぼ、出来上がりました。

木造の構造体は美しい...。

梁にかかる負担を分散する為に、
色々な方向に垂木を架けています。
(大工さんには負担が掛かっているけど...)

RIMG2336_R.JPG

RIMG2339_R.JPG

カズ・クリエイトオフィスの一力さんと江口ガラスさん。

RIMG2340_R.JPG

いよいよ始まるミサキハウス。

今回の施工は、入札の結果、カズクリエイトオフィスさん。
RIMG1969_R.JPG

現在、架構を検討中。

ミサキ|||_R.jpg

本日は施主のK御家族との打合せ。
ミサキハウスの基本計画が決定しました。

キッチンや車庫周りの微調整があるけど、
西側に対して開放的な敷地形状をいかし、
近隣との関係性を考慮した形態。
開放的でありながらも、プライバシーが確保された案。

これから、開口部や照明、構造の検討に入ります。
模型のスケールは1/50。製作は福井大学院生の福田君。

RIMG0742.JPG

RIMG0750.JPG

夏から始まっているミサキハウス。

打合せとスタディを繰り返して、方向性が定まってきました。
若干、整理の余地はあるけどナカナカ良い提案が出来ています。

plan-A
中心にアトリウムを備えたプラン。
R0012770.JPG

plan-C
プランBを洗練させた案。家の中に2つ(親・子)の領域があります。
RIMG0618.JPG

plan-E
2階リビングの案。ボリューム内部に吹抜やテラスを合わせもちます。
RIMG0627.JPG

美岬ハウス

2010年7月11日

ニュープロジェクト。

今までにも幾つか話があった石川県での仕事。
色々な理由で流れていきましたが、今回は無事にスタート。

今日は、ヒアリングと敷地の調査。
あまり知らない土地や遠方での仕事は、ちょっとワクワクします。

ついでに加賀橋立を散策して帰路へ。
R0012475.JPG

R0012480.JPG
北前船の船主の屋敷である蔵六園
R0012492.JPG
ここにも福井別院。
R0012495.JPG

あんまり寄り道すると嫁さんに叱られるので、ここらで帰ります。