ヒュッテナナナ第20回木材活用コンクールの木材活用特別賞を受賞しました。

建築業界の大きな潮流のひとつに木造・木質の普及があります。
これからの社会において、木をいかに扱うかということは業界のみならず、発注者を含めた一般社会においても大事な問題です。

当事務所では、様々な用途や要望、与件に対して柔軟に対応していますが、
構造に関して検討する際、まずは木造での可能性を模索します。

これからも木材活用普及の一助になるよう励みます。

nanan受賞_R.jpg

すっかりブログをお休みしていましたが、
2017年も、はや1ヶ月が過ぎようとしていますね。
昨年は一昨年と比べ、完成プロジェクトが少なかったのですが、いくつか完成!
 
 田原町駅駐輪棟
 田原町駅北側駅舎(基本・実施設計のみ)
 Lull
 池田シェア
 厨ヴィラ
 ヒュッテナナナ

どれも施主の大事な想い、社会への役割を背負っています。
そして、残念ながら落選したプロジェクトも...。

 『街に拡がる持続可能な』公営古民家ギャラリー
 『住人の、地域のコミュニティをつくりだす戦略型移住促進』公営住宅
 『まちの景観と地域のつながりをうむ』老舗企業の店舗
 その他...

当事務所が提案した『 』は、単なるカタチのデザインだけではなく、
社会や環境、事業性などを含めた建築のあり方を提案しています。
今年も様々なプロジェクトが進行中。
施主にとって、社会にとって価値のあるものをつくります!

さて、本日は打合せで池田町へ。
ついでに昨年の春に竣工した池田シェアの様子を見てきました。

やはり、福井市とは雪の量が違う!
でも、深い庇のおかげでステキな軒下空間があります。
DSC05660_R.JPG

そして、用水路(個人所有)の上に屋根が被っていて、
良い具合に雪なし空間を確保!
DSC05661_R.JPG

でも、まわりは一面雪に囲まれています...。
DSC05667_R.JPG

この建物はシェアハウスとして利用。
住人だけではなく、地域の人たちとの交流をうみだす大きな縁側をつくりました。
池田の自然、生活、人との交流をシェアする...。そんな建築です。

まるやま 

神山視察

2016年2月18日


2/13.14は、
三國湊町家プロジェクトを運営している三國會所の方らと、
徳島県にあるウワサの神山町へ。

ここは、お遍路文化が社会に根付いています。
まちの風景の中にこんな感じのものがチラホラ。
DSC03367_R2.JPG

そして、茅葺屋根(板金で覆っているが)がいたるところに残っています。
DSC03519_R2.JPG

複数の川沿いにできたまち並みは、石や斜面とともにつくられている。
DSC03369_R2.JPG

DSC03456_R2.JPG

今回、神山町を案内してくださったのは、NPOグリーンバレーの廣瀬さん。
これは、そのショップ兼オフィス。
DSC03361_R2.JPG

宿泊施設とサテライトオフィスが集積された 「WEEK神山」
DSC03376_R2.JPG
縫製工場跡をシェアオフィス+コワーキングに。
DSC03382_R2.JPG
地元の方や、県外からやってきたシェフが一緒に働いています。
DSC03397_R2.JPG

そして、県外からやってきた手に仕事をもつ人たちの店。
オーダー靴屋「LICHT LICHT KAMIYAMA(リヒトリヒトカミヤマ)」
と惣菜屋「5・3・5(五味サンク)」。
DSC03413_R2.JPG

そして、「劇場寄井座」。林業で栄えた昭和4年から35年まで稼動。
今はグリーンバレーによりイベントスペースとして活用。
DSC03419_R2.JPG

夕食と宿泊を御世話になった 「カフェオニヴァ」。
ここも県外から来た方が運営。
DSC03435_R2.JPG

そして、ITのまち神山として知られることになった 「えんがわオフィス」。
DSC03440_R2.JPG

「Yusan Pizza」
DSC03509_R2.JPG

ここ神山町では、もともと1997年から「神山アーティスト・イン・レジデンス」が行われていました。
DSC03494_R2.JPG

お遍路文化や林業の隆盛衰退により住民の流出入があった神山では、
外部から入ってきた人たちに対して寛容な気質があるらしい。
私たちが行ったときも地元の方たちと新しく入ってきた方たちが、
ごく自然にひとつのコミュニティを形成していることが実感できました。

今、当事務所で抱えているいくつかのプロジェクトは、
まちづくりの要素を多分に含んでいます。
今回の視察は、プロジェクトに必要な要素や、
結果、生み出している『理想郷』を学ぶことができました。

あまりにもステキなまち、神山。

DSC03508_R2.JPG

このレポートをお届けしたのは、まるやまです。

2016年、当事務所もスタートしています。

振り返ってみると、昨年は数多くのプロジェクトが竣工しました。3年掛かりのプロジェクトや短期でまとめ上げたもの。2016年も引続き続いているものなども含めて以下。

某駅の一・二期工事
熊坂アネックス
アントウハウス
おもちゃハウス こどもと木
SU_MU
某廃校リノベーション
右近家離れ
ソニョーポリ/赤レンガ倉庫
某旅館の客室部分改修
三國湊町家プロジェクト 

上半期は2大学での非常勤講師があり、平日は毎日、学校にも通いながら現場での打合せ。その合間に新規プロジェクトの打合せやスタディ・設計をしつつ、様々な分野の協力者を得ながら無事に完成していきました。
そして、ほぼ1年間、スタッフがいない状態だったのですが、8月より前田君が参加。彼とは以前より、まちづくり関係で様々な活動を協働しており、その能力は大きな戦力となっています。

2016年も様々なプロジェクトに取組んでおりますが、社会状況を反映し、新築だけではなく、リノベーション事業が増えています。どちらにおいても、いつも心掛けているのは、施主や利用者、社会や環境を潤す建築をつくること。最近は、その企画から携わる機会が増えており、プロジェクトに対してチームで取組み始めています。
ただ建築をつくるのではなく、社会に必要な建築は何か、どんな活用・運営をしていくべきか。様々な職能をもった方たちとの協働を通じ、今年も、より良い社会をつくっていきます。

みなさま、今年も宜しく御願い致します。

丸山晴之

(追記)あと、町内会長も1年頑張ったな...。

スタッフの前田です。
今年の8月から丸山建築事務所で働いてます。よろしくお願いします。

最近のプロジェクトではハードの建築だけでなく、ソフト面として南越前町のまちづくりのお手伝いもさせていただいてます。
今回、デザイン事務所he/rbestの高山氏からお声かけいただき、私自身、当事務所以前にまちづくりの仕事をしていた経緯もあり、今回アドバイザーとして参加させていただきました。

ちなみに南越前町では今年、北前船主の館右近家離れの設計も担当させていただき、先日無事竣工しました。

南越前町は、南条、今庄、河野の3地区からなるエリア。
海の幸が豊富だったり、蓮が有名だったり、文化財が多く残っていたり、温泉が豊富だったり、歴史的街並みが残っていたりと、資源が本当に豊富なエリア。

今回のまちづくりプロジェクトは
屋台を使ったまちづくりプロジェクトという面白いテーマでプロジェクトがスタートしました。
オリジナルの屋台制作と住民ワークショップの開催を行いました。

南越前町の行政の方、住民の方々以外に
ワークショップコーディネータとして福井大学の田中先生
アドバイザーとして現在右近家離れでコーヒ店を営業されているKamei Coffee Roastarの竹森氏
屋台制作として家具職人Furniture Holicの山口氏
同じく屋台制作として鉄加工デザイン㈱TAYASUの田安氏
など様々な方が関わり、プロジェクトが進行しました。

当事務所ではオリジナル屋台の設計とワークショップのアドバイザーを担当させていただきました。

屋台のデザインは北前船ゆかりの地ということもあり、北前船で運ばれたという越前箪笥風の屋台を制作。移動できるモバイル屋台として、とてもいい感じに仕上がりました。
今後、様々な地域に出没する予定です。お楽しみに。

20151130_142916.jpg

IMG_1221.jpg

ワークショップでは住民のみなさんからいろんな面白い意見が出てきます。地域の自慢だったり、日常の風景の面白さだったり、みなさんやりたいことがたくさん。
そんなたくさんの意見の中で、現在悩んでいることや「面白そう」を抽出し、3つのプロジェクトができました。
1.日常の情報発信プロジェクト「ブログ:夜叉元吾郎のつぶやき」
2.地域の魅力をめぐる「私を探してプロジェクト」
3.地域の食の魅力を伝える「オラが町パンプロジェクト」

どのプロジェクトも参加者が楽しみ、すぐにでも実施できるプロジェクトだと思います。

IMG_1360.jpg

IMG_1355.jpg

IMG_1376.jpg

まちづくりの最小単位は自分の住んでいる周辺を楽しくすることかなと思います。周辺の魅力を再発見し、発信することが実は以外なところにヒットする可能性があります。南越前町はその資源がとても豊富だと感じました。
蓮の花、ほたる、冬になると雪囲い、屋根の雪下ろし、田倉までの道が雪のウォールで覆われるなど。
私自身が驚きと、発見が多すぎてこれまで以上に南越前町に興味津津。

今後がとても楽しみな南越前町です。

気持ちの良い春のお昼どきにお越し下さったのは、中国料理 西湖 の杉原さん。
http://www.geocities.jp/china_seiko/map.html

今日は、大垣から桜を見に来福とのこと。
短い時間でしたが、非常に嬉しい時間を過ごさせて頂きました。

DSC00113_R.JPG

オイシイものも頂いちゃいました。
杉原さん、ありがとうございます!

DSC00120_R.JPG

近々、タビスル文庫のWEBサイトもオープンします!!
以前より、「もうそろそろ」と何回も言っておりますが今回は本当です!
昨日、デザイン・インプルーブメントの吉村氏と
グッド・モーニングの三田村氏とで最終打合せを開催!

今日は、ヘリテージマネージャーの修了式。

コピー ~ 2014-03-21 17.59.04_R.jpg

去年の夏から始まった福井県での第1期生のうち、認定者は16名。半年あまり続く全講義60時間。長かったですが、大変、有意義なことを学びました。

今日の吉田純一先生の講義での言葉、「建物は人の関わりがあって、建築となる」
ますます建築っていいなと...。

さて、ヘリテージ(文化財)マネージャーの目的とは、循環型社会における建築のあり方を見据え、地域に眠る歴史的建造物の保全・活用を推進することにより、地域固有の風景を回復しつつ誇りのもてる地域づくりに貢献すること。なお、「歴史的建造物」とは、行政機関(国や都道府県、市町村)によって文化財に指定・登録された建造物だけに限定せず、人々に価値のあるものと認識されている建物を含みます。

現在、まちづくりに利活用する歴史的建造物の修繕や改築の話をいくつか頂いております。このスキルを活かし、環境・社会・人が潤うよう活動していきます。

2013年 

2013年12月30日


今年、完成した建築はウルシバラハウスを含め、春に竣工したものだけ。
以前から進めていた他の3つのプロジェクトは、
消費税UPのアオリで2014年の春着工を待っています。

そして、今年も色々なことがありました。

 仲間と始めたタビスル文庫。
 スタッフの退職。新スタッフの参加。
 仁愛女子短期大学での非常勤講師。
 所属する市民団体で運営を始めた、まちづくりセンター「ふく+」。
 某品のブランド化事業。
 ヘリテージマネージャーの受講。
 「林の中に住む。」の中部建築賞入選。 

などなど。

来年も、幾つかのプロジェクトがスタートしていく予定...。
新しい出会い、新しいチャレンジにワクワクしております。

では、今年一年ありがとうございました。

2014年も丸山晴之と当事務所は、
建築・地域・コミュニティをつくりだしていきます。

新年度スタート

2013年4月 1日

さあ、新年度が始まりました。

当事務所にもいくつか変化があります。
・アルバイトで2年、スタッフで4年在籍していた久永くんが退職。
・新スタッフとして高木くんが加入。
・私自身も新規の仕事(学校の非常勤講師)を開始。
・その他、色々と計画中...。

春は、今まで何となく苦手でした。
今から16年前、就職が決まらず身の置き所が無い状態で社会にでた不安を、
思い起こすからでしょうか。
でも、今年の春は環境が変化することへの不安よりワクワクする気持ちが強いです。
今年も色々なコトにチャレンジしていきます!

写真は、手前がオープンデスクの谷山君。奥が新スタッフの高木君。

R0017599_R.JPG

では、今年度も当事務所を宜しく御願い致します。


2013年

2013年1月12日

あけましておめでとうございます。

ちょっとタイミングがズレましたが、丸山事務所の2013年も始まっています。
写真のウルシバラハウスは現在、内装の仕上げを行っており、
1月末に完成しますが、オープンハウスは諸事情により春以降、
施主が住まわれている状態での開催となりそうです。
ですが、1月中でしたら工事途中の箇所はありますが、
個別に御案内できますので、興味のある方は御連絡下さい。

さて、2013年。
事務所のプロジェクトも進んでいきます。
そして、個人的に活動しているまちづくり絡みの2つの事業も
何とかカタチになるようにしていきます。

最近、事務所の仕事やまちづくりの活動において、
自分ひとりではできないなと、本当によく思います。
やはり誰と仕事をするか、どのように協同を行うか。
それが大事だなと...。

そして、協同の場では会話やアイデアを転がしていくこと。
2013年も右へ左へ転がして、前に進んでいきます。


DSC_0233_R.JPG

CSC_0224_R.JPG

2012年 

2012年12月29日

2012年もいろいろありました。

完成したプロジェクトは屋島ハウスミサキハウスRYUハウスなど。
来年も計画中のプロジェクトが進んでいきます。そして新プロジェクトもチラホラ...。
まずは2月頭にウルシバラハウスのオープンハウスを予定していますので、お楽しみに。


そして昨日は、妻の祖父にあたる㈱深谷の親方が亡くなられた。
90歳まで重機にのり、盆も正月もなく仕事をしていた人。
そんな親方らしく、会社の業務に影響を与えないかのように仕事納めの夕方、
静かに息を引き取った。
生涯現役はできなかったけど、人の倍は働いてきた人です。

自分も、まだまだこれからです。

では、今年一年ありがとうございました。

2013年も丸山晴之建築事務所は、
建築・デザインで環境・社会・人を潤すことを目指します。


RIMG4333_R.JPG

RYUハウスが新建築住宅特集12月号に掲載されています。
この号は「日本全国地域特集」として組まれており、
いつもとは異なる趣向で読み応えのある本となっています。
是非、御覧下さい。

JT00016465_cover.jpg

御挨拶

2011年12月31日

2011年も今日で終わり。

今年は色んなコトがありました。

社会的には大震災。
今後の日本の方向性が大きく変わったのではないでしょうか。

個人的には父を亡くし、
改めて家族の大切さを実感した年でもあります。

事務所としては、新たな施主の方々との出会い。
この出会いがあるからこそ、常に前に進むことができます。

今年一年、ご縁があった様々な方々に感謝致します。

新しい1年がはじまります。
さあ、前に進みましょう。

感謝。

2011年11月18日

日頃お世話になっている設備会社の会長がお亡くなりになられた。

当事務所の設備図面や工事のほとんどを作成・施工して頂いており、
色々と無理なことなども助けて頂いた。

常日頃、施工者と設計者は同じ旗の下に集まったチームの一員と考えています。
そのなかのパートナーだった方がいなくなるのは大変、寂しい。

安らかに御眠り下さい。

深く感謝致します。

先週の土曜日、アノハウスに来訪者。

前田智之氏。

大学卒業後、京都の木工所に長年勤め、
その後、ドイツの木工所で研修。
そして、この9月に帰国して福井に戻ってきた。

自分でデザインも行う前田氏の家具は、
確かな技術に裏打ちされたもので、
その納まり自体がデザインのファクターとなっている。

R0012844.JPG

R0012845.JPG

R0012846.JPG


これから、仕事などで御一緒できたらと思います。

ランチタイム

2010年9月16日

最近、アノハウスでは規約をつくりました。

その一つに、「極力、昼ごはんは一緒に食べる」とあります。
今まで、特にそんな事を意識していなかったので、
各自が自分のデスクでモニターみたりしながら食べておりました。

しかし、せっかく集まって仕事しているのに、
それはモッタイナイということにようやく気付き、規約に。

改めて気付いた、人と一緒にとる食事の大事さ。
アノハウスでは、ランチタイムを一緒に過ごされる方を、
皆でお待ちしています。

R0012701.JPG

写真左は福井大学3年の服部君。
今は堂島ハウスの実施模型(S=1/30) を、
「模型マスター」久永君の指導の下、製作中。

先日の土曜日に無事、終了した「生活提案フェアー」。

小さな模型から大きな模型までいっぱい並べ、
ひとつの町並みみたいに展示したのですが、
子供から御老人まで、興味深く見て頂きました。

さて、なぜ模型をつくるのか。
それは、最終的に建築は立体をつくるからです。

図面だけでは間取りしか分からないし、
パースだけでは雰囲気しか伝わらない。
その点、模型があると色んなイメージが膨らみます。
小さな模型で周辺環境との調和を検討し、
大きな模型では、空間のあり方を検討・確認する。

それは設計者として検討・確認の為のツールとしてだけではなく、
施主とのイメージの共有を図り、より深い要望を引き出したり、
よりよい提案のための布石にもなります。

写真は、アノハウスのメンバーであるトモタカさんの奥様と大学生のご長女。
何やら嬉しそうです。

R0012757.JPG

えるふぷらざ

2010年9月10日

北陸の皆様、中も見て下さい!

ここ最近に配られたえるふぷらざ(年4回、北陸電力が電気契約者に配るパンフレット)に、
当事務所で設計した恐神ハウスが掲載されています。
オール電化の観点から住環境についての取材。

施主家族が、ステキな感じでダイニングテーブルを囲んでいます。

是非、御覧になって下さい。

生活提案フェアー

2010年9月10日

今日は堂島ハウスの実施設計UP + 見積依頼。
あとは希望金額におさめてくれる業者を待つのみ...。

夜は、いよいよ明日となったフェアの準備。
過去の色んなプロジェクトの模型から抜粋して、
明日、展示する模型をセレクトしたのがこれ↓。

R0012756.JPG

ひとつひとつに色んなオモイがあります。
あれ・・・、 なんだかモニターがにじんで見えないや。


中小企業家同友会主催 「生活提案フェアー」 (参加企業45社) 
日時:2010年9月11日(土) 10時~17時
場所:福井問屋センター 福井市問屋町2丁目12番地

まだ招待券余っていますので、
明日、直接会場に来て頂ければ、お渡ししますので、是非。

久しぶりの更新。

T邸と美岬ハウスのスタディ、
I邸と堂島ハウス、某プロジェクトの実施設計、
某プロポーザルコンペなどで事務所がバタバタとしており、
進行中の現場もないのでブログの更新を怠けておりました。

さて、当事務所が加入している中小企業家同友会主催、
「異業種交流 生活提案フェアー」 (参加企業45社) が 開催されます。

当事務所も過去や現在進行中のプロジェクトの模型などを展示します。

フェアーでは、招待券を御持ちの方のみ同友会より"豊水"をプレゼント。
フェアーでも、当事務所でも、梨にでも興味のある方、御連絡ください。
招待券を差し上げます。

日時:2010年9月11日(土) 10時~17時
場所:福井問屋センター 福井市問屋町2丁目12番地

若いチカラ

2010年6月 5日 | コメント(2)

最近の当事務所では若いチカラが頑張っています。

R0012211.JPG

スタッフの久永君(写真右)。
彼は大学3年生の頃から模型やパースの手伝いをしているから、今年で4年目になる。
模型やパースなど仕事が早い。現在、某プロジェクトの担当をしている。

そして、最近、オープンデスクで来ている大学院1年の福田君(写真中)。
彼は東京の方にもオープンデスクに行ったりしているので、模型がキレイで早い。
現在、某プロジェクトの模型を製作。

同じくオープンデスクの大学4年生の岩本君(写真左)。
模型のスピードはマダマダだけど、集中して取組んでいる。彼はT邸の模型を制作。

自分より一回り以上下の彼らがいると、事務所も活気づいて良い雰囲気。
彼らのチカラを借りながら、当事務所もドンドン前に進んでいきたいです。

夜のアノハウス

2010年6月 1日

気温も上がり、すごしやすくなってきた。
障子やフスマを取去り、玄関も開放。

背中が見えているのは福井大学大学院 野嶋研究室の福田くん。
オープンデスクとして某プロジェクトの模型製作(スケール1/10)をしている。
キレイ&スピーディ。

R0012196.JPG

さて、6月、7月と福井ケーブルTV「5スペる」で、アノハウスの紹介をしています。
6月は友高室内装飾とDEMU建築設計事務所の紹介と施工例。
当事務所の紹介と h邸 の映像は7月放送予定。

素敵な二人

2010年5月15日 | コメント(2)

アノハウスの住人でもある友高室内装飾のトモタカ夫婦。
会社の本社は大野市にあるが、アノハウスをトモタカ氏の出張所として使用している。

御二人は14・15日に福井市の問屋センターで開催されている、
中島管材鋼機㈱の創業60周年祭のイベントに参加。

ピンクが似合っているトモタカ氏。
彼を取巻く色々な人達(私やスタッフの久永君も、その一人)にとって、
トモタカ夫人はアイドルです。

R0012142.JPG

アノハウス

2010年4月28日

当事務所がある高木町の民家の名前は「アノハウス」。
現在、4つの事業者が共有している。

R0012091.JPG

写真左から、
ダイクラフトの斉藤氏(イベントの設営)、T-コネクションの浜田氏(音響のエンジニア)、
友高室内装飾の友高氏(クロスやカーテン)、米澤物産の津田氏(繊維関係。小沢一郎さんではない)。

浜田氏と友高氏はアノハウスの住人。
アノハウスに色々な事業者がいるおかげで、色々な方と知合える。

互いに名刺交換して談笑した、気持ちの良い昼下がり。

雰囲気のよい職場

2010年2月16日

昨年の12月、某プロジェクトのために武生へ。

中消防署へ打合せに向かい、中に入るとホウボウの皆さんから挨拶を頂く。
打合せの受け答えもカナリ明快。

その後、丹南健康福祉センターへ。
女性の多い、のどかで柔らかい雰囲気の職場。

やはり、職業と職場の雰囲気はかなりリンクするんだろうな...。
人の命を預かる消防員は、スピーディーかつクリア。
あいまいな判断をしていたら務まりません。

そして、健康と福祉に関わる人達は、
とても「役所」とは思えない優しさと和やかさに満ちている...。

私の場合、日頃、現場や打合せでは挨拶を心がけていますが、
職業柄、厳しいことや細かいことを話します。
建築に関わる全ての人が、それぞれの職域で最大限の力を発揮する為にも、
雰囲気のよい職場(現場)づくりは大切なんだろうな。

ちなみに当事務所は高木町の民家にあります。
そこには、いくつかの事業者が集まっている。
一人や二人だけだと寂しいけど、ここは人の出入りもあるので楽しい。

是非、遊びに来て下さい。

雪景色

2010年2月 4日

当事務所には、大家さんが大事にしている庭がある。

庭師の方が剪定をし、冬前には雪吊をしていく。

冬は事務スペースに障子をたて込むので、
庭を望むことができないのが惜しい。
余裕ができたら、そこらを改善したいと考えている。

このような環境で仕事ができるのが幸せ。
大家さんに感謝...。

R0011381.JPG

オープンデスク

2009年9月 3日

夏も終わりましたが、最近の当事務所は結構、寒い。
風がよく抜ける為なのですが、さて冬はどんだけ寒いんだろうと今から恐怖を感じています。

さて、当事務所では常にオープンデスクを募集しています。
この夏休みを利用して、福井出身の武蔵野美術大学の2年生が1週間ほど来ていました。
まだ2年生なので、自分の考えをカタチにする・相手に伝えるという点では、未熟なところがあったり、模型製作のスピードもマダマダなのですが、建築に真摯に取組んでいる姿勢を感じることができました。こちらも、中央の学生の動向などを聞かせてもらい、色々な刺激を頂きました。

これからも、このような交流ができると良いな...。

当事務所のミーティングルームは、70年代テイストがプンプン。

R0010633.JPG

6月末に事務所移転しました。
現在、お借りしているのは高木町の住宅街にある民家。
玄関越しに見える庭です。

R0010631.JPG

敷地際を揚水が通っています。

R0010632.JPG

新事務所20090625.JPG

新事務所の様子。 
まだ、工事が完了していない部分もありイマイチ落ち着きません。
しかし、古い民家をお借りしているので庭もあったりしますし、
オフィス然としていない所がお気に入り。

事務所の様子は、ブログの為に小出ししていきます。

事務所移転

2009年6月22日

さて、極秘裏(?)に進められていた事務所移転。
ようやく、納得のいく賃貸物件も見つかり、現在、簡単な工事をしています。
今週後半位からは新事務所での仕事を始められそう。

深谷町の旧事務所(自宅)、6年間ありがとう。
また、何年間かしたら深谷に戻ります。

新事務所の紹介は後日...。