blog

コンクリート打設

2016年5月31日

柴ちゃんの現場レポートです!
今日はヒュッテナナナの現場で、コンクリート打設がありました。

DSC04031.JPG

奥に見えるのは、コンクリートポンプ車といって、
長いアームが伸びて、コンクリートを圧送できる車です。

でもすぐに打設はできません。
打設前に必ずチェックしなければならないことがあるのです。
コンクリートのスランプ値、空気量、温度を計測します。

DSC04046.JPG

スランプ値とは、コンクリートの柔らかさを決めるもので、
コンクリートが自重でどれだけつぶれるかを計測します。(写真左)
柔らかいほど、コンクリートが流れやすくなり、打設が容易になります。
しかし、柔らかすぎると強度低下につながります。

空気量とは、文字通りコンクリート中に含まれる空気の量のことです。(写真中)
空気が入っていることで、コンクリートが流れやすくなり、打設が容易になります。
しかし、多すぎるとこれもまた強度低下につながります。

写真右の筒状のものは、試験体といって、
打設されたコンクリートが硬化して強度が確保されているか、確認するためのものです。
この試験体に加重を与え、どのくらいの加重で破壊するかを確認します。
現場の基礎を破壊するわけにはいかないので、このような方法を取ります。

DSC04042.JPG

ちょっとここで小ネタを。
スランプ試験機の土台はハート型でした。ハート型は倒れにくいそうです。
朝から少し、幸せな気分になりました。

DSC04060.JPG

そして、もう1つ。打設前にやっておかなれけばならないことは、散水です。
鉄筋についたゴミを流し落とし、鉄筋とコンクリートの付着を良好にします。
また、型枠にある程度水分を含ませ、コンクリート中の必要な水分が無くなるのを防ぎます。


DSC04058.JPG

さて、いよいよ打設開始。
バイブレータという振動棒を使用し、コンクリートを流しやすくします。
特に、角や交差する部分、打継ぎ部分は念入りにします。
しかし振動を与えすぎると、骨材とセメントが分離する原因になるので要注意。

DSC04062.JPG

これは打設中の写真。
昨日の記事で「かぶり厚」の話をしましたが、
鉄筋の表面から、型枠の黒い線までが基礎上端のかぶり厚になります。
この厚みが、鉄筋の錆化を防いでくれるのです。

DSC04059.JPG

そして、コンクリートを流しこんだ場所を、
表面が水平になるように、コテでおさえていき、打設が完了です。

職人さんたちの良い腕と連携作業、
ずっと見ていたくなるほどでした。
次回は、鉄骨の工場へ行ってきます。
柴田でした。


柴ちゃんの現場レポートです。
今朝は小雨が降る中、池田町へ行ってきました。

dsc04021.jpg

既存の住宅部分に大きな縁側を増築して、
居住性の向上を図りました。
薪ストーブも設置予定です。

dsc04016.jpg

もともとあったキッチンは再利用。
壁は落ち着きの色に。

あとは、一部塗装と、サッシを入れて6月上旬に完成予定です。
どんな方が住まわれるのか楽しみですね!

IMG_1575.JPG

そして、午後からはヒュッテナナナの現場へ。
型枠とアンカーボルトの検査でした。

IMG_1576.JPG

コンクリートを流し込むための型枠と、
基礎と土台を緊結するためのアンカーボルトが、
正しく設置されているかの確認でした。

鉄筋端部から型枠、地面、コンクリート打設面上端、
それぞれの間隔(かぶり厚)を計測して、必要分あるかを確認します。
コンクリートはアルカリ性なので、空気中の酸性物質の酸を中和してくれます。
かぶり厚が十分でないと、鉄筋が酸化して錆びる原因になるのです。

アンカーボルトは建物の横移動、浮遊、転倒を防ぐために
基礎と建物の上部構造をつなぐ重要な部材です。
設置位置がずれていないかチェックしました。


明日はAM8:00からコンクリートの打設があります。
明日も現場レポートをお送りしますね。

柴田。

嶺南へ

2016年5月27日

今日は嶺南へ行ってきました!
敦賀市と小浜市で打ち合わせでした。

あくまで打ち合わせがメインですが、
そのついでに、
当事務所で設計したソニョーポリで、
スタッフの前田、柴田の誕生日祝いランチでした。
2人とも5月生まれなのです。

IMG_1502.JPG

テーブルは、当事務所でデザイン。
既存のテーブルを再利用しています。
エコで経済的です。

敦賀の赤レンガ倉庫内にあります。
ホームページはコチラ


IMG_1505.JPG

どれも美味しくて、
夢中で食べてしまい、
写真撮るのを忘れてました。
最後のスイーツは、なんとか撮影成功。


仕事でプチ帰省し
やっぱ小浜はええとこやなぁと思った
柴田でした。

配筋検査

2016年5月25日

柴ちゃんの現場レポート
その第2回目は「配筋検査」です。

IMG_1495.JPG

前回の地盤補強工事が終わり、
基礎部分の鉄筋が組まれたので、
その検査でした。

IMG_1490.JPG

図面通りに、正しく鉄筋が配置されているかを確認します。
鉄筋の形状、径、本数、間隔、定着方法、など。

IMG_1492.JPG

スリーブ部分は、
その周囲をしっかり補強します。
(スリーブ:配管等のために構造部や躯体を貫通する孔のこと)


基礎は建物の加重が全てかかる重要な部分ですし、
建物が建ったら、修正が効かない部分です。
しっかりチェックします。

図面の上では綺麗な直線をかけても、
現場では、そう簡単にはいきません。
腕のいい職人さんがいなければ、よい建物はできません。
ものづくりは、奥が深いですね。

この後、組まれた鉄筋の回りに型枠を組み、
そこへコンクリートを打設して、
基礎が完成します。次回の現場レポート、乞うご期待♪


先日、誕生日を迎え、
気持ち新たに頑張ります!な柴田でした。

地盤補強工事

2016年5月10日

今回より
「柴ちゃんの現場レポート」を始めます!
施工方法の紹介や、現場での気づきをご紹介していきたいと思います。

その第1回目は、
現在プロジェクト進行中のヒュッテナナナの現場から。

IMG_1283.JPG

地盤補強には、「ハイスピード工法」を採用しました。
ハイスピード工法とは・・・
砕石パイルを1本ずつ作り、
砕石パイルと砕石パイル周辺の地盤の支持力を複合させて、
地盤の支持力を高める地盤改良工法です。

IMG_1282.JPG

砕石なので、産業廃棄物になりませんし、
環境的にも経済的にも優しい工法なのです。
また、排水性がよいので、
液状化現象対策にも有効です。


初めての現場で、見るもの全てが新鮮で、
ワクワクの柴田でした。