blog

JIAの講演会

2015年1月24日

先週のことではありますが、
ふくい建築賞の受賞者として、金沢での講演会に参加してきました。

20150117-01-e1420514093531_R.jpg


場所は、21美。
相変わらずの素晴らしい建築。

何が素晴らしいかというと、空間を魅せる建築ではなくて、
訪れた人、それぞれが楽しめること。そして、それを他者が共有できること。

つまり、「楽しい」が伝播して、増幅して、内外部に満ちあふれている。
外周部の円を描くガラスが方向性を消すことで、その効果を高めているのかな...。

去年、初めて訪れ、今回で2回目ですが、
相変わらず迷子になってしまいました。


さて、講演会ですが、建築の内容とその賞の意義やあり方について。
時間が少なく、色々と消化不良な感じで終わってしまいましたが、
現在、社会の中での建築のあり方が、改めて問われています。
表現だけではない建築が大事なのじゃないかなと。

当事務所でも、そのあたりをチャレンジし始めております。
暗中模索な面もありますが、また、ご報告します。

年が明けて、3週間以上。
いくつかのプロジェクトが進行しており、バタバタとしております。
今年は、事務所の体制などを整え、今まで以上に、クライアントの要望にシッカリと応え、
環境・社会・人が潤う事業をおこなっていきます。

某改修プロジェクトからの神々しい光景。
DSC02039_R.JPG

某新築プロジェクトの製品検査
鉄骨の長さや木の含水率を計測。
DSC02079_R.JPG

DSC02084_R.JPG

熊坂アネックスで未施工であった引戸を設置。
東京松屋の唐紙です。
DSC02087_R.JPG

アントウハウスの2階
DSC02094_R.JPG

その他のプロジェクトも進行中ですが、
今までとは異なるジャンルのものにも取り組み中。
今年は、それらを含めてカタチになって出来上がってきますので、
大変、楽しみです。

では、本年も宜しく御願い致します。