blog

アントウハウスも着々と進んでおります。

外壁はサワラのよろい板にウッドロングエコ。
材種によって吸込みや時間の経過による色の変化が異なりますので、
最初はドキドキしておりましたが、だんだんとイイ感じに馴染んできました。

桁の端部には、銅板をあてており、
これもあっという間に酸化して、イイ風合いを出しています。
DSC01804_R.JPG

2階の吹抜け越しに外部を望みます。
DSC01799_R.JPG

内部は4つのボリュームで構成されており、その間は4方向に抜けています。
DSC01801_R.JPG

外部からの見返しはこんな感じ。アッチまで透けています。
DSC01806_R.JPG

写真はサカイ建設不動産の監督、富永さんと棟梁の山田さん。
非常に丁寧な仕事ぶりに感謝!
DSC01802_R.JPG

熊坂アネックス。

無事に完了検査も終わり、あとは残工事と外構のみ。
タイトな敷地と要求されたプログラムから導き出された平面計画が、
シンプルな構成の中に、豊かな空間をつくり出しています。

写真家、明さんに完成写真を撮って頂いたら、
またUPします!


本屋と下屋の組合せ。
DSC01790_R.JPG

屋根の杉垂木が美しい...。
DSC01770_R.JPG

抑えた色調の内装は、若干ベージュのクロスとライトグレーの塗装。
DSC01789_R.JPG

切妻のボリュームを支えるナナメの棟の壁。
吹抜けのパブリックな空間と2階のあるプライバシー空間が明快な構成。
DSC01779_R.JPG

落着きのある浴室。カーテン類はなしです!
DSC01766_R.JPG

道路に面した西側は杉ルーバーで囲まれています。
この裏の小さな余白は、リビングや浴室から望むポケットスペース。
DSC01938_R.JPG