blog

ちょっと、いつもと違う話題を。

最近、仕事以外に行っていることが2つほどあります。
ひとつは、福井のクリエイターが集まった"FUCA"という団体。
もうひとつは、福井の駅前で「とりあえず何かしてみようか」という目的で集まった"きちづくり福井会社"という団体。

10月28日まで福井駅前で行われている"夢アート"というイベント。
このイベントに先の2団体も参加しており、
私も楽しい仲間とともに、夜な夜な企画会議や準備を重ねてきました。

RIMG3824_R.JPG

IMAG0632_R.jpg

FUCAは"CRUCRUBUNKO"という、クリエイターが本を持ち寄った図書館。
27・28日には、その本のチャリティバザーを行います。

きちづくり会社が行っているのは"エキマエイロ"。
幾つかの空き店舗のファサードに、質問に答えるカタチで市民が付箋をはり、
アンケート結果が視覚化されつつ、街並みに彩りがうまれていく仕掛。

今週末は、私も駅前で本業の仕事をしつつ、両方のイベントにも参加します。
駅前が意外と楽しくなっているので、是非、皆様ものぞいてみてください。

120918_01_R.jpg

3日間のオープンハウスに参加頂いた皆様、ありがとうございました。
様々な御感想を頂きましたが、総じて「林の中に住む」ことを感じて頂けたようです。

いつも考えているのは、そのプロジェクトの施主と環境、その2つがあってはじめて成立する建築をつくること。きっと、皆様にもそれを御理解頂けたのだと思います。

次のオープンハウスは「ウルシバラハウス」で11月末を予定しています。
もちろん今回とは趣きの異なる建築ですので、
今回参加頂いた方も、参加できなかった方も是非、御参加ください。


そして、今日、完成写真の撮影。
今回の撮影は明 直樹氏。


もとは畑だった所に基礎を高く設け、土を盛っています。
建物へのアプローチには「林の中」のように起伏があります。
photo001_R.jpg

建物を浮かすことで、空気の流れや視線の繋がりをうみだし、
北と南の庭の連続性を高めています。南の庭からのファサード。
photo003_R.jpg

深い軒。2段にして屋根をシャープにし、内部からの視線を妨げないようにしています。
溝型鋼を用いることでサイズダウンを図っています。
photo007_R.jpg

北の庭から見るファサード。
photo008_R.jpg

可動部とFIX部を使い分けることでコストコントロールを図ります。
photo012_R.jpg

LDK。床に見えるのは換気口。床下の冷気を取り入れ、チムニーで熱気を排出。
photo019a_R.jpg

キッチン・ダイニングと北の庭との関係。
建物の長さを活かしながら開放的な空間がクランクして繋がっています。
photo024a_R.jpg

南の庭とリビング。
photo028a_R.jpg

北の庭とダイニング。
photo030_R.jpg

キッチン横の通路。
photo033a_R.jpg

浴室から見る南の庭。
photo035_R.jpg

子供室前の廊下。収納棚を設置。
photo039a_R.jpg

洗面所から見るリビングと玄関。
photo037_R.jpg


施主の家具をお借りして、置かせて頂きました。
カイ・クリスチャンセンのダイニングチェアとウェグナーのソファ。
家具と建築がピッタリ。

さて、明日10/6(土)、7(日)、8(祝)と内覧会です。
当日の連絡は090-8099-5426(丸山)に御願いします。

RIMG3958_R.JPG

RIMG3959_R.JPG