blog

1月14日は屋島ハウスの現場へ。

1月15日はミサキハウス。
この日は、電気工事絡みや仕上げの色を打ち合わせ。

海に若干近いので外壁と屋根はニスクフロン(フッ素樹脂塗装のガルバリウム鋼板)。
雨で外壁が洗われるよう、あえて軒を出していません。
その為、外周廻りは雨が入り込まないように突出し窓を採用。
RIMG2427_R.JPG

その為、ボリュームの中に外部を内包して、
軒があるところに引き違い窓を設置。
RIMG2426_R.JPG

そして、2階のLDK廻りの対角上に外部吹抜けを設けています。
RIMG2421_R.JPG

敷地の唯一開けている方向は西面。そこに軒をつくり低く抑えた開口部を設置。
RIMG2420_R.JPG

ミサキハウスは2階に浴室を設けています。
いつものとおり,ユニットバスではなく在来工法による浴室。
梁や垂木を詳細に検討し、極力、階高や階下の天井懐に影響が及ばないようにしています。
そして、この後の工事はパーフェクトバリア(断熱材)を入れて、
ダイライトを貼った上にリボールマイティによる防水。仕上げはタイルです。
RIMG2417_R.JPG

さあ、新しい1年が始まりました。

本日は去年から続いているプロジェクト・ミサキハウスの現場へ。
外部はほぼ閉じられ、だいぶ内部空間の様相をつかめるようになっています。

写真は1階エントランスからの水平方向と垂直方向の抜け。
RIMG2404_R.JPG

RIMG2405_R.JPG