blog

今年も2月20日の福井大学 卒業設計講評会に参加しました。

今年の審査員は
長田直之氏(建築家 奈良女子大学准教授)、
横山天心氏(建築家 富山大学講師)、
そして、私。

昨年より低調気味な作品群。
卒業設計となると、様々なモノゴトの関係性を複合的に読み解き、
それらに対する回答としての建築が求められます。
でも、今年の作品群は総じて、一視点、一方向からのみ解決を図る傾向が強かった。
この卒業設計の低調な傾向は全国的にあるみたいで、
「ゆとり世代(彼らはその第一期)」の弊害とみる分析もありました。

今回も岐阜、富山、福井の駅前の空洞化に対する問題に対して、
「賑わいの創成」という回答をしている作品がいくつかあったけど、
人口が減少していく世の中にあって、
駅前(身近な問題としては福井駅西口再開発)の「賑わいの創成」という課題は、
もはや意味をなさないのではないか。
都市の中の空洞化を何に、どうやって変換させるか、
何によって満たしていくのかが課題となるののではないでしょうか。
そんな問題設定を予感させてくれる作品もあったけど、
残念ながら、提案していたものは「あいかわらずの建築物」。

その中でも、世の中の問題意識や、周辺環境に対する配慮も薄く、
従来のビルディングタイプを脱却してはいないけど、
「卒業設計のトレンド」とは離れた位置にあり、
自分の目指す方向性を打ち出していた作品には、審査員の3人とも高評価。

卒業設計には、世の中に対する問題意識、
そして、そのことに対して、
「これからの建築にできる役割」をみせてくれることを期待したいです。

「駅前の顔=立派なビル=賑わいの創成」という
3段論法的流れの福井駅西口再開発にも、
これからの福井に本当に必要なものは何か、
もう一度見直しが必要なのではないでしょうかね...。

2月19日は堂島ハウスの金物検査。
今回も神奈川より茅ヶ崎ボーイの和田譜生氏がやってきました。

R0013644.JPG

集中力を高めて、1階より検査を始めましたが、
30分くらいで、和田氏の「おなかが空いた」との一言で、
福井名物のソースカツ丼を食べに「ふくしん」さんへ。

見た目は繁盛店には見えないけど、中は客でいっぱい。
県外出身の私は、昔、ソースカツに慣れるのに時間が掛かったけど、
初ソースカツ丼(福井版)の和田氏は「おいしい」と順応。

ミッチリ、現場の検査をしていった和田氏。
その後、事務所(アノハウス)に場所を移して、
長野市で進行中のプロジェクトの打合せをし、夕方には「しらさぎ」に乗車。
お疲れさまでした。

その後は堂島ハウスの現場を見学して頂いたアルス建築の乾さんと、
石川県の建築家、吉村寿博さんとアノハウスで談笑。
そして、食事をしに「山ぐち」へ。
楽しい一時をありがとうございました。

堂島ハウスの建方。

RIMG0931.JPG

基本的に建方時は一日、現場に張付きます。
建方は10人くらいの大工や車力で現場が進みます。
設計者は監理として現場での納まりや仕様を構造図・プレカット図と照合し、
現場で出てくる諸問題にその場で対応しなければなりません。

RIMG0940.JPG

今日はココまで。

建方は楽しい。 ビバ!建方。

堂島ハウスの建方は2月7日月曜日。
現場では土台伏せも終わり、足場も組まれています。

R0013574.JPG

いよいよです。

RYUハウス 基本計画

2011年2月 3日

本日、施主との打ち合わせ。
基本的に本提案の方向性で進めていくことが決まりました。

SN3J0136.JPG

シンプルな外観で何気ない感じなのですが、
部屋の関係性や内部空間が結構、特殊。
「羊の皮をかぶった狼(=ロータスヨーロッパ by 池沢さとし先生)」
とでも言いましょうか。
その内部空間の特異性は本プロジェクトが既存の蔵と繋がった増築、
施主のライフスタイルから生まれたものです。

柳本5_3.jpg

「林の中に住む」というコンセプトを、この案で実現します。

1月の末から大雪となった福井。
全国ネットでJRや高速の不通のニュースが流れ、
色々な方から連絡を頂きましたが、今日の天気は快晴です。
街中につもったミニ「雪の大谷」も除雪されつつあり、
今日一日で大分、雪かきや渋滞に明け暮れた市民生活も回復すると思います。

これは1月29日のハコア。
「そろそろ雪下ろしをしないと。ヤバイですね...」と市橋氏と話す。
RIMG0896.JPG

RIMG0899.JPG

RIMG0901.JPG

これは1月30日の我が家の屋根から見た深谷町。
RIMG0906.JPG

この日、屋根の雪下ろしと、庭の除雪をしたんだけど、
次の日の朝(1月31日)、起きてみると新たに積雪40cm!

1月31日~2月1日の写真は撮っておりません...。

そして、2月2日の今日の写真。
深谷の田んぼの中を歩く小学生達。昨日一日でも結構、雪のカサは減った感じ。
RIMG0913.JPG

たまに、こうゆうのがあるとワクワクします。
子供のときの台風みたいな...。