blog

I邸改築。

いよいよ完成間近。
増改築を重ねている住宅のリビング・ダイニング・キッチンを改築。

R0012914.JPG

内装はシラスで出来た薩摩霧島壁。左官屋泣かせの材料です。
内装の左官は下塗り+上塗りが基本。この建材は一回塗り。
また水引きが早く、粘り気もあるため鏝ムラが消しにくい。
自分も針原T邸で施主のT氏と共に塗った事がありますが、
素人には、なお難しいものでした。

でも出来上がりは、粗さが残る風合いがナカナカなもの。


R0012918.JPG

外壁はヒノキの羽目板+オスモウッドステインプロテクター。
ものの見事に水をはじいています。
でも、定期的に再塗装しないといけません。
板がヤンワリと色褪せていくのが楽しみ。

先週の土曜日、アノハウスに来訪者。

前田智之氏。

大学卒業後、京都の木工所に長年勤め、
その後、ドイツの木工所で研修。
そして、この9月に帰国して福井に戻ってきた。

自分でデザインも行う前田氏の家具は、
確かな技術に裏打ちされたもので、
その納まり自体がデザインのファクターとなっている。

R0012844.JPG

R0012845.JPG

R0012846.JPG


これから、仕事などで御一緒できたらと思います。

えるふぷらざ(2010 秋 No.77)に掲載されている、
恐神(おそがみ)ハウスの写真。

素敵です...。

_DSC6316.jpg