blog

2月20日(土)は福井大学の学生(SAK)が主催した講演会。

武井誠+鍋島千恵/TNA 
「関係性の凝縮と単純な形態」    へ。

敷地や施主をとりまくあらゆる関係性を整理する中で、
莫大な可能性の中から、一つの解決ツールを探し出し、
そのツールを拠り所にスタディを重ねる。
その結果、単純な形態が、凝縮された関係性を成立させている。
その明快さ、空間の割切りの良さ(スタディはかなりネチッこくやっていそう。当事務所もネチネチですが...。)に感嘆。

地方で建築の設計をしている自分の立ち位置を、改めて確認。
これからも質の良いものをつくり出していきたい。

TNAの御二人、SAKの学生に感謝。


そして、27日(土)は福井大学卒業設計の学生主催の講評会。

審査委員には全国区で活躍されている建築家、長田直之氏(福大生や私の大先輩)。
そして、実は私も審査委員として呼ばれております。
福井に来てからは、ナカナカ建築議論をすることもなく、
日々、職人さんと議論することの多かった私ですが、
昨今の学生の建築潮流を下調べして、講評会に挑みたいと思います。

講評会でも、プロポでも、コンペでも、そうなのだけど、
実は、提案者が審査員に評価されるだけではなく、審査員も評価される。
提案者だけではなく、それを取巻く社会から「何故、この案が選ばれたのか?」
ということに対して評価される。
ある意味、提案者以上に審査員の資質が問われる。

ちょっと緊張...。

今日、朝イチでメラハウスの定例へ。

午前の早い時間だけ晴れていたけど、
この後はドンヨリと鉛色の空に...。

R0011409.JPG

ウッスラと積もった雪が、屋根をいっそうリズミカルにみせてくれる。

R0011412.JPG

4時間近く打合せをし、足がひえてしまったので、
帰りにスカッとランド九頭竜で、足湯に浸かる。

足湯しながら、仕事すると気持ち良さそうだな...。

雰囲気のよい職場

2010年2月16日

昨年の12月、某プロジェクトのために武生へ。

中消防署へ打合せに向かい、中に入るとホウボウの皆さんから挨拶を頂く。
打合せの受け答えもカナリ明快。

その後、丹南健康福祉センターへ。
女性の多い、のどかで柔らかい雰囲気の職場。

やはり、職業と職場の雰囲気はかなりリンクするんだろうな...。
人の命を預かる消防員は、スピーディーかつクリア。
あいまいな判断をしていたら務まりません。

そして、健康と福祉に関わる人達は、
とても「役所」とは思えない優しさと和やかさに満ちている...。

私の場合、日頃、現場や打合せでは挨拶を心がけていますが、
職業柄、厳しいことや細かいことを話します。
建築に関わる全ての人が、それぞれの職域で最大限の力を発揮する為にも、
雰囲気のよい職場(現場)づくりは大切なんだろうな。

ちなみに当事務所は高木町の民家にあります。
そこには、いくつかの事業者が集まっている。
一人や二人だけだと寂しいけど、ここは人の出入りもあるので楽しい。

是非、遊びに来て下さい。

雪景色

2010年2月 4日

当事務所には、大家さんが大事にしている庭がある。

庭師の方が剪定をし、冬前には雪吊をしていく。

冬は事務スペースに障子をたて込むので、
庭を望むことができないのが惜しい。
余裕ができたら、そこらを改善したいと考えている。

このような環境で仕事ができるのが幸せ。
大家さんに感謝...。

R0011381.JPG

メラハウスの階段が組みあがる。

階段に乗っているのが、大工の宮脇政美さん。
宮脇さんは地元の大工。
海に近いこの場所での外壁の納まりなど、様々な助言を頂いた。
(それ以外に、戯言や小言も頂いているけど...。)

そして下にいるのが、
サンウッドの大西さん(背中にIMPULSEを背負い哀愁を漂わせている方)と松村さん。

旗を振る人のもとに集まった人達です。

R0011377-1.JPG