blog

浴室 2

2009年4月28日 | コメント(2)

知人であるクニダムさんより、ちょっと分かり難いと指摘を受けたので、少々補足します。

まず、基材の動きについて。
RC造は躯体がかなり強固ですが、一般的な木造や鉄骨造は地震力に対して、家自体の動きが発生します。そうすると、躯体(柱等)と隙間があるユニットバスはあまり気にしなくてよいですが、在来工法の浴室は躯体と壁面の基材が一体となっている為、浴室の壁自体が動いてしまいます。また、木造の場合、乾燥収縮がある為に躯体や基材の動きが発生します。

浴室の第1次防水はタイル面ですが、目地を通じて水が浸透するので、下地に防水材が必要となります。その為、一般的にはFRPを採用するのですが、FRPの特性は剛性の高い膜ということです。動く躯体や基材に対して剛性の高いものは、その限界を超えると割れます。
それに対して、リボールマイティのような柔軟性のある素材は動きに追従するので、割れ難いということです。このことはバルコニーの防水材にも言えます。

そして、基材に合板ではなくダイライトを用いるのは、万一、防水材が切れた時にダイライトは無機系なので劣化が少ないと考えます。そして、断熱材も水を保有しやすいグラスウールではなく、水を保有しにくいパーフェクトバリアや羊毛を用います。更に、間柱等の下地材は防腐性能の高いヒノキや米ヒバを使っています。

以上、何重もの安全策を採用して初めて、在来の浴室をオススメしています。

T邸浴室.jpg

※このリボールマイティの存在を教えてくれたのは、大阪のタイル職人さんです。

キッチン

2009年4月24日

昨日、メラハウスの施主であるSさんとキッチンを見に行きました。
当事務所ではメーカーのキッチンを採用したことはなく、いつもオリジナルで製作しておりましたが、Sさんは御自分がどのようなスタイルにあっているかを検討され、システムキッチンに辿り着きました。私自身は「オリジナルキッチンでないと...」というコダワリはないので、施主の前向きな選択は大歓迎です。

廻ったのはヤマハ、サンウェーブ、日立。他のメーカーはSさんが既に訪問しています。
まず、ヤマハ。人工大理石のトップとシンクを自社でつくっており、その性能はトップメーカーのデュポン・コーリアンを凌駕しているらしい。
サンウェーブはCMで御存知のパタパタくん。確かに使いやすそう。そして、面材の種類が豊富。
最後に日立。あまり特色がないのがツライ。
今回は見学に行かなかったけど、TOTOやINAX、パナソニック、トーヨーキッチンなどは新しいスタイルを提案している。機能性だけではなく、「ライフスタイルの中で、どのように存在するか」という点に注力し始めている。

建築を構成する全てのものがオリジナルの方が良いと言う訳ではない。ライフスタイルに何があっているのかを検討した上で、既製品が良ければ、それを選択し、オリジナルの方がよければ製作するという判断が必要なのでしょうね。

T邸キッチン.jpg

昨日はFor The Futureの小沢さんと打合せ。

この活動の今後を検討する中ででてきたキーワード「社会貢献をデザインする」。
個人・団体・企業が社会貢献をするにあたって、「お金を渡す」・「奉仕する」だけではなく、そこに付加される「もの」・「こと」をつくりだそうとすることも、その「デザイン」の一環です。
社会貢献の活動が個々の充実感(度)で終わるのではなく、「もの」・「こと」を通じた継続的なネットワークとして機能するシステムを構築することを検討しています。
今後、どのように進展していくのか...。

浴室

2009年4月20日

もうちょっと建築のことを書いたらと、友人より指摘があったので、これから建築のことを、もう少し頻度を高めて書いていこうと思います。まずは浴室について。

当事務所では、ユニットバスを使用したことがありません。在来の浴室とユニットバとでは、プランの自由度が違います。その為、どちらでも良い方には在来の浴室を提案しています。

さて、その時、気をつけたいのが防水材と寒さ対策。

防水材は「リボールマイティ」(マイティといえばレスラーのマイティ井上。サンセットフリップをまた見たい!)を使用。この商品のすごい所は、FRPと異なり、基材の動きに追従ができること。そして、ほとんどのものに塗布できる所。コストはFRPより少々高いですが、1~2割の程度です。そして、より安心を考えて基材にはダイライトを使用し、下地材はヒノキか米ヒバ。断熱材はグラスウールではなく、パーフェクトバリアか羊毛。

そして、寒さ対策。床のタイルにはサーモタイル<INAX>を使用。そして、床暖房を導入しています。居室部分に床暖房が導入してあり、単独でのリモコンを付けなければ微々たるコストUPで済みます。

転倒時の安全性に関しては、床にコルクタイルを採用すれば、より安心。

住宅本体やキッチン、建具なども同じですが、カタログから選ぶだけではなく、オリジナルでつくるという選択も残しておきたいですね。そうすると色々な可能性が見えてきます。キッチンの機能性に関してだけは、オリジナル製作品の方が劣る面が多いですが...。

h邸20090418

2009年4月18日

R0010133.JPG

R0010134.JPG

R0010136.JPG

R0010142.JPG

うーん。ここまで実施設計をつめるのに一冬かかってしまった。
構造事務所の和田さんは、在来木造なだけに余計に手間が掛かったよう。当事務所設計の住宅は全てが在来工法であるが、和田さんと当事務所との間で、アーできないか、コーできないかとの遣り取りが、いつもより多かった。しかし、その甲斐があり、良い解決方法を見つけることが出来ている。その例として、LDKが5m x 10mの空間となる為、その周囲に大きな負担がかかる。その為、在来工法ではあるが金物工法の金物を適宜用いている。そして、2階の2方向へのはね出しを薄い庇の中で実現している。この仕組みは単純なんだけど、その方法を見つけるまでには少々長めの路程が必要であった。

クレテックやSE工法等の金物工法は信頼性も高く、現場も速い。在来工法となると様々な箇所で神経を使うことになる。しかし、現時点での金物工法では出来ない形状が可能となる。そして、一般的な工務店では、在来工法の方がコストが掛からない。山口工芸ハコアを施工した松栄建設さんの場合は、SR工法というオリジナルの金物工法を得意としていたので、規模と用途が施工とコストにフィットしていた。

今から見積...。一番、胃が痛くなる時期です。

osogami20090412-1.JPG

R0010076.JPG

R0010094.JPG

R0010125.JPG

R0010115.JPG

osogami20090412-2.JPG

12日は恐神ハウスの撮影。ちょっと丸い背中は真空ラボのハセガワヒロシさん。
引渡前の竣工写真は殺風景な感じになるので、住み始めて落着いた頃を見計らいました。
家の廻りにも植栽がされ、家具や本などが置かれて良い感じ...。

上記写真は丸山が撮影。ハセガワ氏による写真は近日UP。

For The Future

2009年4月10日

昨日、Ajeeの小沢さんが代表をされているFor The Future のミーティングがあった。
これはバングラデシュに児童福祉施設を建てるプロジェクト。

このプロジェクトの面白い点は募金を募るボランティアでは無いところ。現地の人が生産する商品を日本で売って、その利益で施設を建設する。つまり、この活動が始まった時点で、バングラデシュの方の収入源が発生しているという、一石二鳥の活動である。

ミーティングでは、現在、販売しているジュートによる星型のマスコットに代わる商品や販売方法について意見を出し合った。
その中で出た、とあるプロジェクトの案。様々な業種を巻き込むことが期待できるかも...。

それにしても小沢さんは魅力的だ。皆を力強く引っ張るのではなく、のせてのせて流れをつくっていく。そして、これだと思ったコトに関しては、実現に向けて力強く動き出す。頼もしい...。


GX200

2009年4月 2日

IMG_8871.JPG

10年ちょっと前、大阪で勤めている頃にリコーの名機GR-1を購入。
当時、高級コンパクトカメラが流行っていたけど、他のカメラとは異なり、高級感がないところが気に入った。カメラとしての能力はよく分からないけど、所有する喜びを感じるカメラだった。

その後、デジカメ時代になりキヤノンのG3、リコーのR6を購入。G3は今でも高い能力をもっていると思う。途中、GR-Dを購入することも考えたけど我慢して、安くなったGX200を購入。

これからが楽しみ。リコーのカメラには不思議な魅力があります。
自分もそんな渋い魅力のある建築をつくっていきたい。